吉高由里子 バズツイートから元気をもらおう 彼女の魅力を考えてみた

こんにちは!しゅーさっくです。コロナウィルス感染拡大防止のため外出自粛。精神的にも疲れてきますね。。。

そんな時は有名人のTwitterでも見て元気をもらいましょうか。と思ったら女優「吉高由里子」さんのツイートがバズってますな。

彼女の気さくなキャラが現れていて明るい気持ちになります。しかし100万リプライの1800リツート、4万いいねというまさにモンスターツイート。ていうか彼女の投稿は毎回バズってます。

0フォローの306.8万フォロワー!アカウントの価値を表すといわれるフォロー/フォロワーのFF率無限大!吉高さんの魅力もさることながら、メディアの力を感じずにはいられないですな。

今回はそんな吉高由里子さんについて、彼女の経歴を追いつつ、私が感じる魅力について考えてみました。

吉高由里子について

1988年7月22日生まれ。高校一年生の時買い物中にスカウトされたのが芸能界入りのきっかけだそうで、当時女優に対する憧れは全くなかったそうです。

女優に憧れて女優になれない人はきっとたくさんいると思いますが、運命の女神ってある意味残酷だなと思います。

逆に言うと何が自分の道を切り拓くのかなんてわからない訳で、運命ってそんなものと思って深刻にならないのがいいかもしれないですね。

脱線しました。。。

話をもとに戻しまして、2006年のデビュー作、映画「紀子の食卓」ではデビュー早々第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞されています。

演技の才能がおありだったのでしょう。スカウトした芸能事務所の方の先見の明がすごいですね。

2008年、映画「蛇にピアス」では第32回日本アカデミー賞新人俳優賞、ブルーリボン賞新人賞などを受賞され、本作がブレイクのきっかけとなりました。

本作は、金原ひとみさんの原作小説が綿矢りささんの「蹴りたい背中」とともに、第130回芥川龍之介賞をダブル受賞して話題になりました。

個人的には「蹴りたい背中」派ですが。まぁそれはさておき。。。

この「蛇にピアス」の主演がオーディションで決まった数日後、2007年9月に人生の転機となる大きな出来事を経験されます。交通事故に遭い、顎の骨を折る重傷となり入院されたのです。

そういえば大切な試合の前に事故でけがをされた水泳選手もいらっしゃいましたね。大事な時期に限って何か起きますね。。。気を付けようと思って気を付けられるものではないですが、みなさんも交通事故には十分気を付けてくださいね。

その後も数々のドラマ、映画に出演され、2014年にはNHK連続テレビ小説「花子とアン」のヒロインにオーディションなしで抜擢。同年「第65回NHK紅白歌合戦」で紅組の司会を務められたことで、世代を超えて知名度をぐんと上げられました。

ここまでは吉高さんの経歴について書いてきました。ここからは吉高さんという人物にスポットを当てます。

左利きの吉高さんですが、NHK連続テレビ小説「花子とアン」のヒロインを演じる際は右利きであるモデルに合わせて普段の食事も右手に箸を持つように変えたとか。

役に合わせてすごく太る人、逆にすごく痩せる人もいますが、その俳優魂に脱帽です。

彼女を人間的に成長させたきっかけとなった出来事が先に述べた交通事故。

死も覚悟したその事故を通して、仕事が無くふてくされていた自分が、いかに周りに助けられていたのかを知るきっかけになった。

そう振り返らえています。

また、この事故は

あの頃の私は人間的にとんがっていたし、人に感謝することも知りませんでした。お前は一度、痛い思いをしないと分からないと、ああいう事故の経験が与えられたんだと思います。

と語るほどに彼女にとって衝撃的な出来事でした。当時まだ10代の彼女が人への感謝に気づけたのは人生にとって大きな意味を持ち、まさに一生モノの価値ある経験だったのではないでしょうか。

10代で人への感謝の気持ちに気づける人はむしろ少ないように思います。私も30代にして子供を持ち、ようやく人への感謝、親のありがたみに気づきましたよ。

その後は、役が決まるたびにもう数年後には女優を続けていないのではないかと思うほど深く悩むとも語っている吉高さん。天真爛漫な性格に見える彼女の心は意外と繊細で、まじめな人柄がうかがえます。

吉高由里子の魅力

ここからは私が思う彼女の魅力について書いていきます。

主観的な意見ですが、それは「声」「キャラ」にあると思います。

個人の好みでしょと言われればそれまでですが、彼女の声にはその性格の明るさを引き立てるフレンドリーな、かつ溌溂としたイメージがあります。

続いて「キャラ」については、バズツイートからも現れているように、女優である前に一人の女性としての親しみやすさを感じます。友達になったらきっと楽しいんだろうなと。お酒を飲みながら笑い合えそうな親近感を感じますね。お酒はもちろんトリスハイボール。私は焼酎派ですが。まぁそれはさておき。。。

交通事故という経験から大人になった彼女、また女優としての不安も垣間見せる姿。そんな人間的な一面にも魅力を感じました。

吉高由里子の魅力 まとめ

吉高由里子さんの経歴、人物、そして彼女の魅力について書いてきました。人生の転機となる事故を経験して大きく成長され、その成長の効果もあって実力派女優としての階段を駆け上がる彼女をこれからも一人のファンとして応援していきたいと思います。

一回でいいからツイートバズりたい、そんなしゅーさっくでした。

【参照元】

吉高由里子 – Wikipedia

タイトルとURLをコピーしました