スポンサーリンク

WordPressの初期設定7つ これを忘れると後から面倒なことに。。。

ブログ
引用元:O-DAN

今回はWordPressの初期設定についてご説明します。

WordPressはインストールしたけど、何から始めるんだっけ?という方もいらっしゃると思います。

また、今回ご紹介する初期設定を行っていないと記事を書きためた時にリライト作業が発生する恐れがあるので早めに行っておくのがいいですね。

また、サブドメインを立ち上げた際もこの初期設定をする必要があります。

WordPressへのログイン

まずWordPressにログインしましょう。

どこから???

大丈夫です。順番にご説明します。

始めにサーバーパネルにログインします。

サーバーID、サーバーパネルパスワードを入力してログインしてください。

サーバーID?サーバーパネルパスワード?

エックスサーバーに申し込むと、

【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ

という件名のメールが送られてきて、そのメールに下記の情報が記載されているはずです。

このサーバーID、サーバーパスワードがそれにあたります。

「Xserverアカウント」のログイン情報や、以降でご説明するWordPressのユーザー名、パスワードと混同することがあります。(私は混同してログインできなかったのでパスワードを再発行しました。。。)

ログインできると以下の画面になります。

左下の「WordPress」簡単インストールをクリック。

ドメイン選択画面から使用するドメインの「選択する」をクリック。

インストール済みWordPress一覧タブにある管理画面URLをクリックしましょう。

上の画面が出てきたらWordPressインストール時のユーザー名とパスワードを入力してログインしましょう。

うまくログインできれば下のようなダッシュボード画面が現れます。

この画面はブログ作成時頻繁に使用しますのでブックマークしておくのが良いですね。

①WordPressのSSL化

SSL化とは簡単に言うとサイトアドレスの冒頭httpをhttpsに変更することです。ですのでhttps化とも言います。

セキュリティが強化される。SEOにも強くなる。といったメリットがあるそうです。

http→htpsへの変更

ダッシュボードの「設定」→「一般」へ。

以下のような画面が現れます。

ここのWordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)(赤枠)のhttpの右にsを加えて

「http」→「https」としてください。

httpsへのリダイレクト設定

これはhttpのURLからでも先ほど変更したhttpsのURLへアクセスできるようにする設定です。

再度サーバーパネルにログインしてください。

今度は「.htaccess編集」をクリック。

ドメイン選択画面から自分のドメインを選択。

「.htaccess編集」画面に切り替わります。

ここで下記赤枠の文字列を先頭に追加入力し、右下の「確認画面へ進む」をクリック。

追加で入力する文字列は以下をコピペしてください。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

念のためバックアップとして変更前の文字列をメモ帳などにコピペしておいてくださいね。

上図のような画面になります。ここで右下の「実行する」をクリック。

最後にこの処理がうまくいっているか確認するため、

http://自分のドメイン

というURLで検索してみましょう。

うまく検索できればOK!できなければ変更前のバックアップ文字列を復元して再度試してみましょう。

これでSSL化は完了です。

②WordPressのパーマリンク設定

この設定は記事を多数書いた後に実施するのは非常に手間ですので、是非最初に設定してしまいましょう。

パーマリンクとは、ウェブサイトの各ページに対して個別に与えられているURLのことです。つまりURL自身のことになります。パーマネントリンク(Permanent Link)の略で、ページが増えても恒久的に変わることのないリンクであることから、固定リンクとも呼ばれます。

引用元:ナイルのSEO相談室

このサイトで言うと、URL後半の「wordpress-initial-setting」のことを指しますね。

この記事のように英単語をハイフンでつなぐ形にするのが一般的です。

ダッシュボードの「設定」→「パーマリンク設定」をクリック。

以下のような画面になります。

以下の順番に進めてください。

  1. 「カスタム構造」にチェック
  2. 空欄に「/%postname%」と入力
  3. 最後に「変更を保存」をクリック

これでパーマリンク設定は完了です。

③WordPressのサイトマップ作成

ここではクローラー向けのサイトマップである「Google XML Sitemaps」を有効化する方法について説明します。

クローラー向けのサイトマップとはGoogleなどの検索エンジンに自身が書いた記事のことを伝えるためのサイトマップのことです。

クローラーとは、インターネット上に存在するWebサイトや画像などのあらゆる情報を取得し、自動的に検索データベースを作成する巡回プログラムのことで、Google や Bing(Microsoft) などの検索サイトを提供している企業がそれぞれ運営しています。Web上を這う(クロールする)ことから「クローラー」と呼ばれます。

引用元:innova

なんだか難しい気がしますが、設定自体は簡単ですのでちゃちゃっと行ってしまいましょう。

ダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」をクリック。

キーワードで「Google XML Sitemaps」と検索し、プラグインを見つけ、インストールしてください。

インストール後は有効化するのも忘れずに。

④WordPressテーマのダウンロード

すぐに記事を書けるよう、WordPressテーマをダウンロードしましょう。

このテーマは無料、有料含めて多くのものがあり、それぞれ短所、長所がありますが、私は無料テーマで多くの人が使用している「Cocoon」を使用しています。

私が感じているCocoonの長所は、多くの人が使用しているので行き詰った時の解決方法がネット検索で見つけやすいことです。

初心者の方でまずは無料のものから試したいという方は「Cocoon」で間違いないと思います。

Cocoonをインストールする方法は以下の通りです。

Cocoonテーマをインストールする方法

⑤グーグルアナリティクスの設定

グーグルアナリティクス(Google Analytics)はブログを分析するためのツールです。

様々な分析項目がありますが私は主に以下の項目を日々チェックしています。

  • PV数
  • デバイス別セッション数(モバイル 、PC、タブレットの使用割合)
  • ユーザー獲得方法(SNSか検索かなど)

設定方法の詳細は以下の記事で解説していますのでどうぞ参考にしてください。

⑥グーグルサーチコンソールの設定

グーグルサーチコンソール(Google Search Console)も非常に優秀なブログ分析ツールであり、、通称サチコと呼ばれています。

以下のようなことを確認できます。

  • 記事の検索順位
  • ネット上の表示回数
  • 記事を読んだ人が検索しているワード

設定方法の詳細は以下の記事で解説していますのでどうぞ参考にしてください。

⑦審査不要のASPに無料登録

ASPとは“アプリケーション サービス プロバイダ”を略した言葉です。ソフトウェアを実行するためのプログラムデータをインターネット上のクラウドに置き、インターネット回線を通じてプログラムデータにアクセスして、ソフトウェアを利用できるようにした仕組みのことを言います。

引用元:arara messaging solution

簡単にご説明すると広告を出したいと企業と私たちブロガー(アフィリエイター)をつなぐ仲介サービスのことですね。

ASPに登録することでアフィリエイトができるようになります。

審査不要のASPにもいろいろなもののがありますが、いきなりいろんなものに登録しても使いこなせないと思いますので、私はとりあえずもしもアフィリエイトとA8.netに登録しています。

特にもしもアフィリエイトの「かんたんリンク」はきれいなアフィリリンクを簡単に作ることができておすすめです。

WordPressの初期設定まとめ

WordPressを立ち上げて是非最初に行っておくべき初期設定をご説明してきました。

少し面倒ですがどれも簡単な作業ですし、あとから実施すると逆にもっと面倒になりますので今やっておきましょう。

私もこの手順で初期設定を行いました。初期設定の流れをこうしてまとめておくとサブドメインの立ち上げもスムーズに行えますので便利ですね。

この記事は参照元のサイトをなぞる形で作成しました。いわば私の復習のための記事です。

ちょっとわかりにくいな、と思われた方は是非参照元の記事もご参照ください。

この記事がみなさんのブログ執筆のお役に立てば幸いです。

参照元:WordPressの初期設定7つ はるブログ

タイトルとURLをコピーしました