アンジャッシュ渡部は国民的アイドル佐々木希を妻にしてもなぜ浮気してしまったのか?その衝撃のメカニズムがこちらになります……

数々の番組でMC、レギュラーを務めるアンジャッシュの渡部健さんが突然の活動自粛をされました。

原因は女性問題と伝えられています。奥様はあの人気女優佐々木希さん。おしどり夫婦として知られ、お二人の間にはお子様もいらっしゃいます。

Twitterでは渡部健さんへの怒りの声が。。。

渡部さん…いや渡部!!!
複数女性と不倫
AV女優と密会
嫁が佐々木希なのに何でや

さりー Twitterより

一方で佐々木希さんの美貌を伝えるツイートも投稿されています。

佐々木希は昔のギャル時代も、今の大人かわいいでも、普通のカメラの他撮りでも圧倒的美しいと爆発的可愛いを兼ね備えた天使

ねるる Twitterより

渡部さんご家族の今後が不安で、どうか元通り仲の良いご家族に戻ってほしいと思わざるを得ませんが、国宝級の美女とうたわれる佐々木希さんのこと、不謹慎ながら、もし仮に離婚して、、、自分の嫁になったら、、、と想像してしまう殿方の気持ちもわからなくはない。。。

佐々木希が嫁でもなぜ浮気してしまうのか

国宝級の美女である佐々木希さんを妻に持ちながらなぜ渡部さんは女性問題を起こしてしまったのでしょう

「美女は3日で飽きる」とよく言われますが、これはある程度的を得ていると思います。3日というのは短い例えでしょうが、いくら絶世の美女を妻にしても、お互い距離が近くなると出逢った時のようなドキドキ、緊張感、相手への気遣いは薄れていってしまいます。

これはいつまでも緊張状態にあることを脳が好まないからだと思います。渡部さん個人が浮気性であった(というのも一理あるかもしれませんが。。。)ということよりこの美女に慣れる、というのは脳の特性上仕方のないことだと思います。

一方で人は身の危険を冒してでも自分の興味を追求したい、ドキドキ、ハラハラを味わいたいと思うもの。

太古の人類も資源豊かなアフリカ大陸を離れて、あえて未知の大陸であるヨーロッパ大陸、ユーラシア大陸に旅に出ました。

この元来人が持つ好奇心に加え、異性は人の三大要求「食欲・睡眠欲・性欲」の1つである性欲を駆り立てるもの、美女かどうかにかかわらず、妻をもっても他の女性に興味を惹かれるのはある程度仕方のないことなのだと思います。

「あの人きれいだな。」、「なんか好きだな。」、「仲良くなりたいな。」という女性がいても浮気まで踏み込まない夫が恐らく多くいる中で、なぜ渡部さんが自身の将来を危険にさらしてまでこの一線を越えたのか

浮気をするには出会いの環境があり、お互いの意思があって初めて成り立つものですが、芸能界という環境が最も大きな影響を与えたのではないでしょうか。

芸能界といえば多くの才能が集まる花形の世界、一方で常に多くの人の目にさらされ、仕事中だけでなくプライベートでも多くのストレスを抱えることと思います。

そのストレスを解消するはけ口を女性に求めたのかもしれませんし、自分は注目されている存在というおごりがあったのもしれません。

人は環境に染まる生き物ですから、いずれにしても芸能界という環境は渡部さんの行動を促す大きなきっかけとなったのは間違いないと思います。

佐々木希 大切なのは他者への思いやり

昨今芸能人のスキャンダルをよく耳にします。男女の色恋沙汰は時代を超えて人々の注目を集めてきましたが、ダイバーシティーがキーワードになるなど、様々な価値観が認められる世の中になったせいもあって、性別にかかわらず昔に比べると貞操観念が薄れ気味になっているのかもしれません。

例えば、現在は昔と比べると「家族」というものの形態が変化していると言われています。

昔は、家族は少数で構成される閉じられたコミュニティーでした。一方、現在の家族はより開かれたコミュニティーになっている。

どういうことか。3組に1組が離婚するといわれる現在において、離婚後も交友関係にある夫と妻、またパートナーの不倫相手と知り合いになる人など、昔では到底認められなかった関係が現在は少なからず存在すると言います。

昔のように、離婚なんてしたら周りにどうみられるか、など世間体を気にして息苦しい思いをする必要はないと思います。

ただ、今も昔も変わらない価値観は存在していて、それは他者への思いやり、利他の心だと私は思います。

人に迷惑をかけない、人が嫌がることをしない、自分がされてうれしいことを人にする。こういったことはいつの時代でも親が子供に教えてきた普遍的に正しいことです。

長く付き合っていると、どうしても他の人に目移りしてしまう心情は、表には出さないにしても誰もが経験することだと思います。

このことはヒットソングの歌詞にも登場することから、多くの人が共感することでしょう。

例えば西野カナさんのヒットソング「トリセツ」にもこのような歌詞が出てきます。

もしも少し古くなってきて目移りする時は、二人が初めて出逢ったあの日を思い出してね

「トリセツ」西野カナ より

今回の渡部さんの件を知って改めて私も奥さんと出逢った日を思い出し、パートナーへの感謝の気持ちを強く持ちました。

古くなってきてと夫が思うのは失礼(笑)ですが、正直目移りする心情は理解できたからです。

またback numberのヒットソング「花束」という曲にも。

浮気しても言わないでよね、知らなければ悲しくはならないでしょ

「花束」back numberより 

これは女性が男性に向けて言うセリフとして出てきます。女性の健気さが伝わってきて、こんなこと言われると逆に浮気なんてしませんよ、と強がりでも(汗)言ってしまいそうですね。

話を渡部さんの件に戻すと、不倫が性のはけ口になっていたという話も耳にします。

渡部さんの行動は妻である佐々木希さんはもちろんのこと、お子さん、不倫相手、そのご家族、また渡部さんの活躍を楽しみにしていたファンの方々を少なからず傷つけてしまったと思います。

この件だけで人生を棒に振ってしまうということにはなってほしくはないですが、超えてはならない一線を越えてしまった今、自分と、そしてパートナーと誠実に向き合い、心から謝罪をして利他の心を胸に再起をはかっていただきたいと思います。

そしてこれは決して他人事ではなく、一つの判断ミスが人生を大きく狂わせてしまうという点において、自身の身にもふりかかるものと考え、人のふり見て我がふりなおせではないですが、私も身を引き締めて、家族への感謝の気持ちを忘れずに生きていこうと思いました。

家族の形態変化については以下の書籍で言及されていました。興味がある方は是非参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました