【スカッと】現代ホスト界の帝王、ROLANDが誹謗中傷に対するアンチをぶった切った回答がこちらwwやはり次元が違い過ぎるww

2020年5月23日、ドラマ「テラスハウス」に出演されていた女子プロレスラーの木村花さんがSNS上で不特定多数の人から酷い誹謗中傷を受ける、いわゆるネットリンチにより亡くなられました。

このニュースは世間に衝撃を与え、多くの著名人が「誹謗中傷」について言及しています。

ROLAND「誹謗中傷に負けない唯一の方法は・・・」

「現代ホスト界の帝王」の呼び名で親しまれる実業家のROLANDさんも、同月26日にTwitterから誹謗中傷についての質問に答えました。

今ネットでの誹謗中傷が話題ですが、ローランドさんのように誹謗中傷に負けないようにするにはどうすればいいですか?

@roland_0fficial ーより引用

現代ホスト界の帝王と呼ばれるだけあって、普段の発言からROLANDさんに対して私はキザでナルシストな印象をもっていたのですが、今回のツイートを見て印象が変わりました。今回の発言には人間味があり、優しさを感じます

ROLANDさん自身の体験も踏まえた説得力のある発言のように感じました。

ROLANDの回答にネットの声は

このツイートに対して共感の声が多く寄せられました。

  • 本当にその通りだ…
  • 逃げても負けな訳じゃない事をNo. 1の男が言ってくれて嬉しい
  • ヤバイ
    刺さった。
    すっごい心に刺さった
  • 流石、ROLAND様です!
言われると一見当たり前のことのようですが、なかなか自分では気づかないことでもあり、ROLANDさんに言われてはっとなった方も多いでしょう。

ROLANDの回答 心理学的には・・・

実は、アドラー心理学について書いた書籍「嫌われる勇気」においても、同様のことが記されています。
相手に喧嘩を売られたとき、相手がなぜ自分に喧嘩を売ってきたのかを冷静に考えると、分への注意を惹きたいという場合が多い。
であれば相手の行為に反応するのは相手の思うつぼ。
そうならないために、そんな相手とは距離を置くこと
アドラー心理学ではこのように考えます。
相手の思考や行為を自分が制御することはできないのだという前提に立ち、自分ができる最善の選択をするべきだという考えです。
アドラー心理学の考えからもROLANDさんの回答は的を得ているという訳ですね。

ROLAND 誹謗中傷に負けないために まとめ

インターネットの普及により、誰もがどこにいても誹謗中傷にさらされる懸念がある社会になりました。
自身が今回のような誹謗中傷を受けた時、大切なのはとにかく相手にしないこと
加えて私は相談できる人に相談することも大切だと思います。
被害を受けた時に相談できる人を普段から見つけておくというのも大切かもしれないですね。

タイトルとURLをコピーしました