テニスが上達しないと悩む人に贈るテニスを好きになる方法

趣味

テニスが好きです。プロテニスプレーヤーのプレー、彼らが打つボールの軌道を見ていると、「テニスって芸術やん。」って思います。

高校生からテニスを始めて大学も体育会の硬式テニス部に入部しました。実は学生時代テニスが大っ嫌いでした。じゃあなんで体育会にまで入って続けてるねん?ってなりますよね(笑)

学生時代テニスを続けていた理由、それは「意地」、ですね。高校時代、試合に出ても全然勝てなかった。同級生にも勝てなかった。「大学入ってめちゃめちゃ練習して、絶対見返してやるっ!」ただそれだけでした。

でも試合になるとどうしても身体が委縮してボールがうまく打てない。。。弱気になったらあかん!と思い切って打つとアウトになる。

いらだっていらだってどうしようもなくてラケットを地面にぶつけたりしました。(プロもたまにやってますね。。。)

大学に入っても状況はあまり変わりませんでした。ボールを打つ時間は増えましたが、試合になると身体が固くなって練習のように打てない。練習ではほぼ対等に打ち合えている同級生にも試合では勝てない。

同級生がレギュラーになって、私はそれを柵の外で応援するだけ。

大学の体育会を引退する時、もう二度とテニスはしないと誓ってラケットを後輩にあげました。

それから数年後、社会人になって知り合った同期の友人に誘われます。

「テニスやらない?」

全く気が進みませんでした。断ろうとしたのですが、「僕も高校の時悔しい思いをしたんだ。でもテニス好きだよ。」という言葉に、心を動かされ、久しぶりにラケットを握ることに。

久しぶりにやったテニスは、、、楽しかった!!!

実力は毎日ボールを打っていた学生時代から劣っているはずですが、ラケットがボールを捉えるあの感触、弧を描くボール、無心にボールを追い、湧き出る汗。スポーツの楽しみそのものでした。

そこからさらに数年たって、その友人が会社を辞めたため一時中断していたテニスですが、大学時代の後輩が近所に住んでいたという軌跡もあって再開しています。(コロナの影響で今は自粛中ですが。。。)

そんな今は、やっぱりテニスが好きです。

テニスをされている方の中には、同じような経験をされた方が結構いるかもしれない。

  • テニス部に入ってるけど、全然楽しくない。
  • テニス始めたけど、全然うまく打てなくてやめた。
  • テニスがうまくならなくて悩んでいる。
そんな方々のために、私の経験が少しでも役に立てばと思い筆をとることにしました。
最初に断っておかなければいけないのは、ここから書く内容は具体的な上達方法の紹介ではありません。私はテニスコーチでもなんでもありません。ただの週末テニスプレーヤーです。実績もありません。
ただ、大学時代Wilsonと契約していたコーチがテニス部の指導を行ってくれていました。そのコーチの指導内容、そして私の経験を交えて、「テニスが好きになる方法。」をご紹介します。
それでは始めていきましょう。

テニスが上達しないと悩む人向けテニスを好きになる方法

内的要因編

ボールに集中する

コーチにまず言われたのがこのことでした。テニスを始めるとまず気にするのはフォームではないですか?
プロのテニスプレーヤーみたいにかっこよくボールを打ちたいと思う。テニス雑誌の連続写真を見て真似してみる。
誰もが最初にやることだと思いますが、個人的にここが落とし穴だと思います。
テニスの主役は誰でしょう?あなた?相手?いえ、ボールです。ボールが全てです。つまり、プレー中は自分のフォームよりボールに意識を向ける必要があります。
どんなきれいなフォームで打ってもボールがネットにかかったり、ラインを越えたらその瞬間失点します。
逆にどんな醜いフォームで打っても相手コートにボールが落ちれば試合は続きます。
思い通りのフォームで打てないというのは誰しも抱える悩みですが、ここにこだわりすぎるとどんどんテニスが嫌いになります。主役のボールへの意識が薄れて思い通りにボールが飛ばず、失点するからです。
プレー中はボールだけに意識を集中しましょう。

人と比べない

部活に所属しているとレギュラー、イレギュラーに分けられるの否が応でも実力の差が可視化されてしまいます。
当時の私もずっとイレギュラーで、やさぐれていました。先輩、同期はおろか後輩にもどんどん抜かされていく自分にほとほと嫌気がさしていました。
今だから言えることですが、人と比べて落ち込んでも自分がうまくなるわけではありません。もっと建設的なことに頭を使うべきです。
比べるべくは過去の自分。今は何ができない?どうすればできるようになる?
今の自分の実力を一旦受け入れて、階段を一段一段上がるイメージで積み上げていきましょう。
テニスをしていると小さなことでも成長することが日々あるはずです。それを楽しさに変えて継続しましょう。
自分をあざ笑うプレーヤーがいるかもしれません。ほっておきましょう。本当に強いプレーヤーは人をあざ笑ったりしません。人をばかにするようなプレーヤーは人として価値が低いのです。そんな人たちよりあなたは価値がある。自分と向き合いましょう。

結果を分析する

ただ漫然とボールを打つだけでは効率が悪いです。正直、ただボールを打つだけでも脳がテニスというスポーツに慣れて上達はします。自分の気づかないところで脳が適応して上達を促してくれます。
ただ、もっと効率よく、積極的にテニスを好きになれる方法があります。
なぜ?と考えることです。なぜ今ボールがネットにかかった?なぜアウトした?なぜボールに勢いが出ない?
人は元来考えることが好きな生き物です。考えることは嫌い、面倒、という方もいるかもしれません。むしろそういう方は多いかもしれません。
答えのわからないことを考え続けるのはストレスです。でも、ああかも、こうかもと自分ができる範囲で仮説を立てて検証を行い、フィードバックを得ることは楽しいです。この作業を意識するかしないかで一日の練習の充実感が違ってきて、自分の一打で何か新しいことが得られた時、より一層練習の充実感が得られます。

ボールの軌道をイメージする

ボールを打つ時、どんなことを考えていますか?プレー中はボールに集中しましょうと書きました。また、結果を分析しましょうとも書きました。
今回の「ボールの軌道をイメージする」は、そのどちらにもつながる話です。ボールを打つ際、打ちたいボールの軌道をできる限り明確にイメージする。
ネットのどの高さを通したいか、ネットの高さ1つ分?2つ分?それとも3つ分?また相手コートのどのあたりに落としたいか。サービスライン付近?それともベースライン付近?デュースサイド?センター?それともアドサイド?
この辺りをイメージしてボールを打ちます。試合中はあまり余裕がないかもしれません。少なくとも練習の際はこの軌道のイメージをしっかりと持ちましょう。
そうすることでイメージと実際のギャップが把握できます。実際の軌道という結果を受けてイメージとのギャップを分析するのです。
その際、例えばデュースサイドに打とうとしたらセンターに飛んだので、センターを狙えばアドサイドに行くだろうと考えてはいけません。今のずれを許容したままボールをコントロールしないことです。
デュースサイドに打とうとしたらセンターに飛んだのであれば、デュースサイドに打とうとしてきちんとデュースサイドに飛ぶように、つまりイメージと実際が一致するように練習しましょう
このイメージと実際のギャップを埋める作業が上達に直結します。
うまい人、強い人ほどこのギャップが小さいはずです。つまり「ボールをコントロールできている」のです。

感情に支配される自分を受け入れる

高校時代の苦い経験からお話します。試合に出場した私は、弱気になって緩い球を相手コートに入れに行くことを嫌って「弱気になるな、弱気になるな。」と自分に言い聞かせ、無理に力を振り絞ってボールを打ちました。
結果ことごとく私が打った球はベースラインを越えてアウトになり、ほとんどポイントが取れないまま敗退しました。
今振り返るとその原因は、自然と湧き上がる感情を無理に押し込めようとしたことにあります。
テニスは一つのミスで試合が動きます。ミスで勝敗が決まるスポーツとも言われています。ならば打つのが怖くなるのは当然のことです。
試合中に湧き上がるそんな不安な感情を、そんな感情が湧き上がってはいけないと無理やり押し込めるとボールに集中できなくなります。
緊張すること、不安になることを受け入れましょう。それでいいのです。むしろそれが普通なのです。
その感情を受け入れた上で、その時にできる最大限の努力をする。
私はよく練習中に打てた球が試合になると打てなくなって悔しい思いをしました。よく言われるのが練習中は試合のつもりで、試合中は練習のつもりでプレーしろ。という言葉。
言うは易し、行うは難しの言葉ですが、練習、試合の区別をあまりつけずに、常にボールに集中すること、ボールをコントロールすること(軌道をイメージすること)、結果を分析することを意識すると感情の起伏を少しでも抑えられると思います。

外的要因編

お気に入りの道具を使う

これまでメンタル、心構えといった内的要因を中心にお話してきました。ここからは自身を取り巻く環境、外的要因について書いていきます。
まず最初は道具についてです。どんなスポーツでもそうですが、道具は大事ですよね。テニスをもっともっと好きになりたいなら、道具にもこだわりましょう。
それぞれの好みがあると思いますが、私のお気に入りを紹介いたします。道具選びの参考にしてください!
ラケット
私は高校生だった時からずっとWilsonのラケットを使っています。高校時代はデザインだけ見て適当に選びましたが、大学に入って先輩のラケットを借りたり、お店の試打ラケットを借りたりして各メーカーの打感などを1つ1つ確認しました。
Wilsonラケットの気に入っている点はずばりその打感です。Wilsonのラケットは他社製と比べてラケット自体が良くしなって球を包み込むイメージを持っています。逆にYONEX製のものはラケットが比較的固くてシャープな打感があるイメージを持っています。
Wilsonのこの「ぬめっとした」打感が私はたまらなく好きです。逆にこのぬめっと感がたまらなく嫌いな人もいます。YONEXを愛用していた私の先輩がそうでした。
あと、Wilsonラケットのデザインも好きです。ザ・ラケットという感じですね。ピート・サンプラス、ロジャー・フェデラーといった歴代の王者が使用してきた魔法の杖といったイメージです。
ちなみに今私が使用しているのは下記PRO STAFFの1つか2つ前のモデル。赤と黒のデザインのものです。
デザインに惹かれて衝動買いしてしまいました。。。


私はグリップサイズ3を使用しています。最近試打ラケットをレンタルできるお店が減っている印象ですが、最低グリップサイズだけでも確認しておいた方がいいですね。細いくても太くてもめちゃくちゃ違和感があります。

シューズ

ラケットに次いで重要なのがシューズではないでしょうか。テニスは足ニスと言われるほど足を使うスポーツです。

サイズが合わないものを履くのは論外として、幅が細いものを選んでしまうとめちゃくちゃ足が痛くなります。

私は昔アディダスのシューズを選んで痛い目にあいました。小指の付け根のあたりが痛くて履いていられませんでした。

私が使用しているのはアシックスのプレステージライト。オールコート用もオムニクレイ用もこれです。

商品名にもある通り、軽いのが最大の魅力。ただ昔のものは今のものより全体的に柔らかい生地感で足を包み込んでくれていたのですが、今のは少し硬い印象。幅広用(Wide)もあるので、幅広の足の方はそちらを選ぶのもありですね。




テニスで使う筋肉を鍛える

社会人になると週末しかテニスをできないという方も多いはず。筋トレは家でも行えますし、また会社帰りジムに通ってもいいですね。
筋トレはストレス解消にもいいです。せっかくやるなら目的をもって行いたい。私はテニスで使う筋肉を意識して筋トレを行うことで筋トレという一見単純で飽きてしまいそうなことにも充実感をえる工夫をしています。
具体的にはふくらはぎ、そして背筋あたりでしょうか。背筋は意外とボールを打つ時によく使う筋肉です。

共にプレーできる仲間を得る

冒頭でも話しましたが、私は一緒にプレーしてくれる会社の同期を得たことで大嫌いだったテニスが好きになりました。
お互いを認め合い、アドバイスし合える仲間を作ることはテニスを楽しむうえで欠かせないですね。

テニスが上達しないと悩む人向けテニスを好きになる方法 まとめ

ここまで私の経験を踏まえてテニスを好きになる方法について紹介してきました。
テニスは本来楽しいスポーツですが、調子の良し悪しがあったり、自分のミスですぐ失点することから、うまくいかないといらだってしまったり、落ち込んだりしてしまいがちです。
テニスはそういうスポーツなのだと受け入れて、今の自分より少しでも成長することを目指して楽しめるといいですね
この記事を読んでくださった方がまたテニスと向き合いたいと思える、またはテニスを始めたいなと思ってくださればこれ以上の喜びはありません。

タイトルとURLをコピーしました