スポンサーリンク

コロナの次は蚊が日本を苦しめる。これはマスクでは防げないだろ……さらに致死率も……

トレンド
引用元:CNN

コロナウィルスの感染拡大がいまだ続く中、シンガポールでデング熱が大流行しているそうです。

対岸の火事?いやいや、コロナも中国から世界に広がりました。

油断はできません。。。

デング熱がシンガポールで大流行 概要

概要は以下の通りです。

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くシンガポールで、熱帯感染症のデング熱も大流行し、感染症の「二重苦」に見舞われている。医療現場への負担は重く、政府は両にらみで対策に当たる。デング熱流行には新型コロナも影響したようだ。

国家環境庁は「今年のデング熱感染者数は2013年に記録した過去最多(2万2170人)を上回るだろう」と警告した。高熱や関節痛を発症し、重篤化すると死に至る。死者は過去最多の25人を超える勢いだ。

引用元:JIJI.COM

国立感染症研究所により日本の輸入デング熱症例の動向について以下のようなデータがあります。

昨年は最も多くても渡航者10万人に100人未満、渡航者に占める感染率は0.1%未満ですので多いとは言えないですが、当然感染率は渡航先のデング熱の流行の程度にも影響するでしょうから油断はできないでしょう。シンガポールは日本では人気観光地の1つ。渡航には十分注意すべきです。

またこのグラフからもわかるようにデング熱は気温が上がり、蚊が繁殖する夏に感染数が多くなっています。

まさにこれからの季節、夏休みは特に注意が必要ですね。

デング熱がシンガポールで大流行 原因

記事によると以下が考えられています。

  • 気温が高めでウイルスを媒介する蚊が繁殖しやすかった。
  • コロナ対策で多くの人が在宅勤務となった結果、蚊に刺される機会が増えた。
  • 作業が休止した建設現場に水たまりができて蚊が繁殖した。
JIJI.COMより
気温の影響もさることながら、コロナにより引き起こされた通常と異なる環境が招いた見方が強いです。
シンガポール政府はデング熱対策として、殺虫剤散布の拡大。蚊の繁殖を見逃した世帯や建設事業者への罰則強化。特殊な細菌に感染させた雄の蚊を放つ作戦の展開(交配した雌の卵のふ化を妨げる効果有)を行っているとのことです。
ある医師によると、今回のデング熱の流行に加えてインフルエンザの流行やヘイズ(煙害)も発生すると「四重苦」となり、医療現場が危機的に逼迫(ひっぱく)すると警戒を強めています。

デング熱がシンガポールで大流行 Twitterの反応

Twitterではどのような反応があるでしょう。

ワクチンについて、また日本での流行を懸念する声が寄せられました。
また、過去かかったという方の投稿も見受けられます。

デング熱がシンガポールで大流行 まとめ

デング熱が人気観光地シンガポールで大流行しているというニュースを取り上げました。
コロナウィルスが感染拡大がいまだ世界に影響を与える中、さらなるパンデミックの危機が到来し、地球はいったいどうなってしまうのでしょう。
今こそ各国の利害を超えて、地球規模での協力が必要になってくると考えられます。

そしてご家庭でも万全の蚊対策を。



タイトルとURLをコピーしました