Twitterを用いてアフィリエイトで成果を上げる方法公開中! 詳しくはコチラ

【初心者向け】WordPressの初期設定

サーバーをレンタルしてWordPressを始めたはいいけれど、まず何から始めればいいのだろう。

今回はそんなお悩みに答えるべく、WordPressを始めたらまず最初に行っておくべきことをまとめました。

どれも簡単なものばかりですので、さくっと行ってしまいましょう。

目次

https化

サイトを立ち上げると最初のURLはhttp://~となっています。これをhttps://に変更します。httpのままだと保護されていないサイト扱いされてしまいますので必ず行っておきましょう。

作業は簡単です。まずダッシュボード(サイトURL/wp-admin/)の『設定』→『一般』に行きます。

ここのWordPressアドレスとサイトアドレスの両方を『http→https』に変更しましょう。

できたら下にスクロールして『変更を保存』をクリックします。

また、http~からアクセスした場合もhttps~に飛ぶように『リダイレクト設定』もしておきましょうか。

エックスサーバーの『サーバーパネル』から.htaccess編集に行きます。

リダイレクト設定するドメインを選びましょう。

.htaccess編集タブをクリックし、以下の文章を.htaccessの先頭にコピペします。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

この作業を行う前に念のため.htaccessの文章を別の場所にコピペするなどしてバックアップを取っておきましょうね。

文章の追加が終わったら『確認画面へ進む』をクリック。

最後に『実行する』をクリックして完了です。

パーマリンク設定

サイトURLの末尾につくリンクですね。最初にきちんと設定しておかないとあとから不毛なリライト作業に追われることになりますので、ここで行っておきましょう。

『ダッシュボードの設定』→『パーマリンク設定』に行きます。

カスタム構造にチェックを入れて、入力欄に『/%postname%/』と入力して『変更を保存』をクリックしましょう。

こうするとサイトURLの末尾を自分で決めることができます。

このサイトでいうと『/wordpress-initial-setting/』に当たる部分ですね。

一般的には英単語を”-“(ハイフン)で結んだ形にします。google翻訳か何かで単語を英訳してハイフンでつなぎましょう。

テーマのインストール

ブログを書くには『テーマ』をインストールする必要があります。

この『テーマ』には無料のもの、有料のものと種類が沢山ありますが、ここは好みがわかれるところですので、ご自身に合ったものを見つけられるといいと思います。

個人的におすすめは以下です。

  • 無料テーマ:cocoon
  • 有料テーマ:swell

cocooonはブログ初級者から上級者まで幅広く愛されているテーマで利用者が多く、トラブル対策も豊富にサイトに挙がっているところが魅力です。

無料テーマならcocoonで間違いないでしょう。

cocoonのダウンロードはこちらから。

デザインが物足りないという方はCSSでカスタマイズできるサイトも多くありますので調べてみるといいです。

有料テーマのswellはブロックエディター対応のテーマでシンプルかつ操作性に優れていて書くことが楽しくなるテーマです。

swellのダウンロードはこちらから。

私は思い切ってこのswellを購入しました。本業も家事、育児もありなかなか時間が取れない中で作業効率を上げてくれるこのテーマに助けられています。

ここではテーマのzipファイルはダウンロードした前提で、テーマをインストールする手順を解説します。

テーマには親テーマ、子テーマがあります。親テーマがないと子テーマが機能しないですが、有効化するのは子テーマの方です。

親テーマを有効化してしまうとアップデートが行われたときに変更した部分がアップデートにより上書きされてなくなってしまう危険がありますので子テーマを有効化しましょう。

ちなみに、swellを購入した時は親テーマのみが手に入りますので、swellのサイトから子テーマをダウンロードしてください。子テーマは無料でダウンロード可能です。

それでは順番に説明していきます。

ダッシュボードで『外観』→『テーマ』と進みます。

『新規作成』をクリック。

『テーマをアップロード』をクリック

『ファイルを選択』をクリック。

親テーマを選択して開きます。

『今すぐインストール』をクリック。

インストールが完了すると以下の画面が現れます。ここでは『有効化』を押さずに『テーマのページに戻る』をクリックしてください。

同様に『新規追加』をクリックして子テーマを選択し、インストールしてください。

子テーマのインストールが完了したら有効化しましょう。

有効化されると以下の画面になります。子テーマ『SWELL CHILD』が有効化されていることがわかります。これでテーマのインストールは完了です。

プラグインの追加

プラグインにも様々なものがありますが、ここでは必要最低限の2つのプラグインをご紹介しておきます。

追加方法はどのプラグインも同じですのでその他必要なものを追加してください。

ここでご紹介するプラグインは以下の2つです。

  • Google XML Sitemaps
  • SEO SIMPLE PACK

Google XML Sitemapsはグーグルに記事を伝えるXMLサイトマップを作るためのプラグインで、これがないとグーグルにサイトを認識してもらえません。XMLサイトマップを作るプラグインは他にもありますがGoogle XML Sitemapsを使用しておけば間違いないでしょう。

次のSEO SIMPLE PACKはテーマswellと相性のよいSEOプラグインです。SEO用のプラグインとして有名なものにAll In One SEO Packというものがありますが、私はテーマをswellにしてからこのSEO SIMPLE PACKを使用しています。どちらでもよいですがいずれかは追加しておきましょう。PV数確認などアクセス解析をする際必須になります。

ダッシュボードの『プラグイン』をクリックして、『新規追加』を押します。

キーワード検索で『Google XML Sitemaps』と検索し、『今すぐインストール』をクリック。

忘れずに『有効化』しておきましょう。

同様に『SEO SIMPLE PACK』と検索、『今すぐインストール』をクリックします。

こちらも忘れずに『有効化』してください。

インストールが完了すると以下の『プラグイン』は以下の画面になります。インストールした2つのプラグインが表示されています。これでプラグインの追加は完了です。

グーグルアナリティクスの導入

アクセス解析のための必須ツールとして『グーグルアナリティクス』があります。こちらの導入方法については以下の記事で詳しく解説していますので是非参考にしてください。

グーグルサーチコンソールの導入

グーグルアナリティクス同様『グーグルサーチコンソール』もアクセス解析になくてはならない基本ツールです。こちらの導入方法は以下の記事で詳しく解説しています。

WordPressの初期設定 まとめ

お疲れ様でした。これでWordPressでブログを書く前に行っておくべき初期設定は完了しました。

ここからは思う存分記事を書いていきましょう。

ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

この記事を書いた人

おりすのブログ学習塾塾長。
悩めるブロガーの力になるべく日々奮闘中。
このサイトではブログの立ち上げからグーグルアドセンス対策、そして具体的な収益化ノウハウまで、ブログ初心者にもわかりやすいように解説している。

コメント

コメントする

目次
閉じる