ベーシックインカム 導入で成功する人と失敗する人 そのマインドの違いとは?

こんにちは!しゅーさっくです。

コロナウィルス感染拡大の影響で、国民に現金10万円が支給されることになりました。

そこで最近特に注目を集めているのがベーシックインカムという制度。

もし日本で導入された場合のメリットやデメリット、制度導入で成功する人、失敗する人をまとめてみました。

ベーシックインカムとは

ベーシックインカムとは、

社会の全てのメンバーに一定額の所得を定期的に受け取る権利を認めるもの。

ベーシックインカム導入にはその金額設定、財源など課題が多くありますが、一旦現状の社会保障費を維持したまま導入したことを想定して考えます。

なお、社会保障費は約100兆円/年(2018年度予算)ですので、

全国民1.2億人に一律給付した場合、その額は1人当たり約7万円/月になります。

ベーシックインカム 導入のメリット

ベーシックインカムのメリットは主だったものに下記があります。

  • 労働と所得が切り離され、働きすぎ社会が抑制される。
  • 失業対策になる。
  • 起業のリスクが取りやすくなる。
  • 社会保障と税制が統合され、簡素化される。
  • 消費主義をあおらないので環境にやさしい持続可能な経済発展を促す。

個人の行動が会社に縛られず自由になる、莫大な行政コストがかかる現行の社会保障制度がよりシンプルになる、環境にやさしい持続可能な経済になることが期待されます。

現行制度下でも昔に比べて起業や残業ゼロといった活動が注目されているのは人々のマインドの変化や企業の意識改革の影響でしょう。

ベーシックインカム 導入のデメリット

デメリットとしては下記の懸念が挙げられます。

  • 低所得者ほど損する。
  • 都市部ほど生活が苦しくなる。
  • 働かない怠け者が増える。

低所得者ほど損をするというのは、現行の社会保障制度が低所得者に手厚い制度であるため、国民一律の支給となった場合、これまで手厚かった層の支給が逆に薄くなることを指します。

都市部の生活費は地方に比べて高いため、こちらも一律になった場合生活が苦しくなる懸念がありますね。

働かなくても現金が手に入るとなると、労働と所得が強いつながりを持った社会に慣れてしまっている今、働く意義を見失う人も出てくるかもしれません。

ベーシックインカム SNSの反応

ベーシックインカムに対するSNSの投稿も見てみましょう。

ベーシック・インカムの議論を始めるべき時ではないだろうか?

前川喜平 Twitterより

ベーシックインカム議論の開始提案について多くの反響がありますね。

「ベーシックインカム」の実験 フィンランド政府が無条件で月約7万円を配布

モーリー・ロバートソン Twitterより

フィンランドでは制度施行の実験が行われているようです。

私はこの森永卓郎の提案に賛成する。石破茂も言っていたが、10万円1回で足りるはずがない。最低限、コロナ収束まで毎月10万円給付し、コロナ収束後は消費税ゼロにする。もっと言うなら、ベーシック・インカムの実現が望ましいのだが。

Holmes Twitterより

10万円1回の支給で足りないというのはうなずける気がします。

ベーシックインカム 導入で成功する人

ここからはもし日本で導入された場合に、成功すると思われる人、失敗するのでは思われる人を私なりに考えてみました。

まずは成功するであろう人を挙げます。

  • 自分のアイデアを創造することが好きな人
  • 自立心があり人に指示されなくても行動できる人
  • 目標がある人
  • 足るを知る人
  • 節約できる人

ベーシックインカム制度下では労働と所得が切り離されます。

会社の指示に従って行動し、その対価として賃金を得るといった構造から解き放たれることになりますので、自立心をもち、自分のアイデアを社会に活かす機会が増えることになるでしょう。

また、現状の生活に素直に感謝でき、今の自分を幸福と思えれば、あれもこれも欲しいという際限ない要求から解放され、住みよい暮らしを実現できると思います。

ベーシックインカム 導入で失敗する人

反対に失敗しそうな人は以下が挙げられます。

  • 自分のアイデアを出すのが嫌いな人
  • 誰かに指示されないと動けない人
  • 目標がなくその日暮らしな人
  • 足るを知らず欲深い人
  • 浪費癖がある人

成功する人と反対に、自分の意思がなく、人に指示されたことしかできない人は自分の活躍の場が奪われることになると思います。

また、欲深い人は支給された額に満足できず、不平を漏らし、浪費癖がある人は支給されたお金をすぐに使い切って貧しい生活を余儀なくされるかもしれません。

ベーシックインカム まとめ

ベーシックインカム導入で成功する人、失敗する人についてまとめました。

成功する人のマインドは今からでも実践でき、現行制度下でも成功する人が有するものです。

成功者マインドを持って苦境を乗り越えましょう!

【参考文献】

「全国民に月7万円」は誰も幸せにしない まずは金のなる木を探そう
すべての個人に一律で生活費を現金給付する「ベーシックインカム(BI)」。この制度を導入すれば、働かなくても生活費がもらえるようになるため、格差是正や失業対策になると期待されている。だが、東京大学大学院の柳川範之教授は、「いまの社会保障制度は低所得者に手厚いのでBIになれば低所得者ほど損することにもなりかねない」と指摘す...
格差社会 ベーシック・インカム 小沢修司

コメント

タイトルとURLをコピーしました